MENU

マーケターって商品を広めたり、広告代行じゃない

目次

マーケターって 商品を広めたり、広告代行じゃない

こんにちは、あのプクちゃんのバーチャルアシスタントのあのです。 今日は、最近、熱視線を向けられているマーケターさんについて、軽くお話します

私も、勘違いしていましたが、マーケターさんて、広告代理店の様な業務を主にされている方かと思いました。

最近は、テレビなどでも、つぶれそうなお店を立て直したり、流行りの伝染病で苦しむ飲食店の事業計画の見直しなどをバラエティー風に見せてくれる番組も多くなっていますので、マーケターさんのイメージももう少し幅の広い職業のイメージをもたれているかもしれませんね

マーケターとは、マーケティング活動を行っている人を指しています。

web関連に特化したマーケターさんを、webマーケターさんと呼んでいますね

マーケティングは「モノを売ること」や「広告代行」をする事と誤解されがちですが、本当は「人や社会が本当に求めている価値ある商品や、サービスを作ったり、提供したり、広めたり総合的な活動」を指しています。

ただ、わたくしの知り合いのプロのマーケターさんのともっちさんによると、マーケターの定義はもう少し幅の広いものだったりする様です。正確に業務内容を語りだすと、永遠と話すことになり分かりにくくなるので、今日の所は、この様に定義づけしておきます

もう少し詳しく知りたい方は、ともっちさんのマーケティングのYouTubeチャンネルがありますのでそちらでみてみてください、動画の説明欄に、URLを載せておきます

私は、技術職なので正直なところ、良いもの作れば消費者が気づいてくれていつか買ってくれるものと信じていましたし、それでいいと思っていました。ある程度、結果も出ていましたので。ですが、失敗をしたこともあります。

私にマーケティングの知識があれば、抑えれた損失でしたね

私は、物作りがあってどう広めるか?をベースにマーケティングの勉強をしましたが、あるひ、ともっちさんに「誰かが必要としているものを調査し、ある程度購入してくれる人を確保して、商品を開発すれば、開発リスクを抑え、初動の売り上げもたつ」というお話をされて、目からうろこでした。

売れても売れなくても作らなくてはいけない物もありますし、残していかなければならない技術など特殊な場合もありますが、私たちは経済活動しているので、収益を上げていかねばなりません

日本人って、稼ぐことをお金儲けとしてイメージが良くない面もありますが、お金を稼がなくては守るべきものも守れなくなってしまうと言う事を、昨今の世の中の変化で思い知りました

マーケターさんは、商品の開発から消費者に商品が届くまでのプロセスを、行う職業です。その中で、広告代行に特化する人もいるし、商品開発に特化させる人もいると言う事ですね

また、マーケティングの知識があれば、本来はもっと高く売れる技術や、商品を安くたたかれて売ってしまっている事を回避する事も出来ます

マーケティング力は、新しい価値や商品を創造し、人や社会がその価値を効果的に得るために、いろんな業務に取り入れることが出来るでしょう

このチャンネルでは、今後もTwitterのYouTube版的な3分程度のビジネス系のお話や、withマーケの活動の記録をvログにしていきたいと思います。

興味ありましたら、チャンネル登録お願いします

最後まで見てくれてありがとうございました

動画 マーケターって商品を広めたり、広告代行じゃない

目次
閉じる